キッズオーディション ベストキッズ

娘をベストキッズオーディションに参加させてみて、実際のところ。<1・一次審査~二次審査まで>

我が子を華やかなタレントの世界に…!

 

娘を持つ親なら、誰しも一度はそう思うでしょう。

はい、僕もそんな親バカの一人です。

過去、何回かにわたって書いたベストキッズオーディション

長女の一年間の活動がほぼ終わり、ある程度内容をまとめられる状態になったので、これから何回かに分けて、実際どうだったのかについてを書いていきます。

 

なお、この記事の内容は長女の参加した2018年度のものなので、現在の内容とは多少違っているかもしれません

あくまでも2018年度はこうだった、ということで参考にしていただけると幸いです。

一次審査にエントリー

一次審査は、ベストキッズオーディション公式サイトからの応募です。

応募方法は、本人の「全身が写っている写真」「バストアップ写真」の2点を応募サイトにアップロードし、氏名生年月日保護者の連絡先所属プロダクションの有無簡単なPR文を記入するだけ。

写真はスマホやデジカメでご自分で撮影したものでも良いし、Famm無料キッズ撮影会などのプロカメラマンによる無料撮影会でもらった写真データでも良いでしょう。

親から見て「うん、これなら可愛いぞ」という渾身の写真を選んで送ったら、後は事務局からの合格発表を待つことになります。

そして、合格発表。

リアルタイムで投稿している時にも書きましたが、私が応募した時は、応募してから一次審査通過のメール連絡まで5日もかかりませんでした(笑)。

正直、一次審査で落ちる人がいるかどうかは分かりません。

二次審査の写真撮影(有料)や、その後一年間に及ぶアカデミーレッスン費用を考えると、わざわざ一次審査で落とす必要はあんまりないような気がします。

この書面審査で合格すると、二次審査の写真撮影に進みます。

二次審査にエントリー

二次審査は、全国で開催されるカメラテストに赴き、実際にプロのカメラマンさんの前で写真を撮影してもらうことになります。

ここで撮ってもらった写真が後日データとして専用サイトにアップされ、そこから二次審査用のエントリー写真を自分で選び、応募するという流れです。

この写真データは1枚までなら無料、全てのデータを希望する場合は有料となります(事前購入3,000円、事後購入5,000円(税抜))。

 

撮影する際の衣装は自前で用意することになるので、頑張ってお洒落していきましょう♪

ネット通販で安く揃えてしまうのもオススメです、我が家もよく利用します↓↓↓

トレンドを抑えたオシャレな子供服をママとリンクコーデできる子供服「pairmanon(ペアマノン)」

カメラテストにかかる費用は3,800円(税抜)でした。

ただ、これは年齢によって価格が違っていて、うちの長女はカメラテストの時点で5歳だったので上記の値段でしたが、小さい子の場合は値段が上がります。

<実際のメールから抜粋>

4~12歳(2018年3月1日時点):3,800円(税抜)
0~3歳(2018年3月1日時点):6,800円(税抜)

幼児が相手だと撮影も大変だからなのでしょう、3,000円ほど上乗せになってます。

 

カメラテストの撮影場所は全国主要都市に用意され、決められた日にちの中から希望の時間帯(第1希望から第5希望まで)を選んで申し込みをします。

場所も第3希望まで選べるのですが、長女の場合は調布パルコの特設会場にてカメラテストを行いました

なお、衣装の貸出やヘアメイクなどの用意はされていないので、撮影当日は予め自前で準備していくことになります。

 

撮影が終わったら、後日写真データ5枚が専用サイトにアップロードされます

この中から1枚だけ写真を選び、PR文を添えて応募することで、二次審査のエントリーは完了です。

 

ちなみに、この時に選んだ写真はベストキッズ名鑑という冊子に載ります。

当然、その名鑑も有料販売なのですが、購入費用の支払をカメラテスト申込時にするか、撮影後にするかで値段が変わります(事前購入なら税込6,480円、撮影後だと10,800円)。

名鑑っていっても、多分ずらーっと並ぶ子ども達のカットの中の一つなんだろうなぁ、と思いながら購入してみたところ、実際そのとおりでした(笑)。

現物の表紙。
こんだけかーい。

撮影の記念に…と割り切るのなら別に良いのですが、正直これは必要なかったかなと思います。

冒頭の数ページには前年度のグランプリ受賞者が左右1ページで掲載されているので、むしろ前年度グランプリ受賞者の保護者の必須アイテムなんじゃないでしょうか。

二次審査通過から、ベストキッズスペシャルアカデミー参加へ

二次審査にエントリーしたら、事務局からの合格通知を待つだけです。

一次審査の時もそうでしたが、この二次審査の連絡もかなり早く、応募してから結果の通知まで10日くらいしかかかりませんでした。

 

無事に二次審査合格の通知をもらったら、この後約一年間に及ぶベストキッズ・スペシャル・アカデミーへ参加するかどうかを決めることになります。

一年もスクールに通うのは厳しい、ここまでで十分良い記念になったよ、という人はこれで終了。

続行する人は、受講費用12,800円(税抜)をこれから毎月支払い、全国8カ所で毎月2回開催されるレッスンを受けることになります。

受講期間は10か月間に及ぶので、費用を全て合計するとかなりの金額となりますが、大抵の保護者は我が子が「合格」したという通知を受けたら、喜んで申し込んでしまうのではないかと思います(笑)。

二次審査までのまとめ

以上が、二次審査の合格発表までの一連の流れです。

二次審査の合格通知までにかかった費用は、

・二次審査用のカメラテスト費用 … 4,104円
・二次審査写真データ … 3,240円
・ベストキッズ名鑑2018 … 6,480円

この3つだけで、税込で合計13,824円です(カメラテスト時の写真データを追加購入した場合、更に3,240円または5,400円がプラスになります)。

一般的に、写真館で撮影すると何万円もかかりますし、こういったイベントにかかる費用という点から考えると、ベストキッズオーディションは良心的なのではないかなと思います。

 

次回は、実際にアカデミーに通ってみてどうだったかについて書いてみます。

スポンサーリンク

-キッズオーディション, ベストキッズ